2020年7月11日土曜日

自分にとってラリーとは...

こんばんは。
そこら辺のおっさんです。

今日はオサムファクトリーさんへ行って、ラリーの準備の確認をしてきました。
ちょっと作業で車両を預けて帰りの電車で考えていたのが本日のお題です。

自分にとってラリーってなんなんでしょう....

既に趣味とは言えない領域に足を踏み入れてることは間違いありません。
お金なんか一銭ももらったことないですから、職業でも副業でもありません。
辛くて半泣きになることもあります。
最近は自分でもなんでこんなことしてるのか、わからなくなってきています。

そういえばスキーの練習してたときも同じようなこと考えていました。
試合に出るわけでもなく、単に「上手になりたい」「コブ斜面を格好良く滑りたい」それだけでした。
そこから考えたら、今は試合に出る分進歩してるのかもしれません。

ラリーはメカニックさん、サービスの皆さんなどのチーム関係者だけでなく、関係自治体や部門、ボランティアの方々を含むオフィシャルさんや地元の皆様の応援があってこそ、走らせていただける競技です、って言える自分は人間としてちょっと成長したのかもしれません。

自分にとってラリーってなんなんでしょう....
そこら辺のおっさんには深すぎてようわかりません。
あえて言えば、山あり谷ありの人生そのものなのかもしれません。

2020年7月10日金曜日

プリンター死亡

おはようございます。
そこら辺のおっさんです。

朝の早くから悲報です。
ラリーのための自分資料を印刷しようとしてたら、プリンターから「ガキッ」という異音がしてエラーを吐きました。


過去の経験からして完全死亡の模様です。
買い替えかぁ....(涙

仕様の違い

こんばんは。
そこら辺のおっさんです。

本日は本来オサムファクトリーさんへラリーの準備のためにお伺いする予定だったのですが、色々と家事が片付かず、加えて宅急便の受け取りもあったために(今日もまた)色んな段取りが狂ってしまいました。
洗濯物が乾かないのって、時間の使い方的には非常に辛いです。
(乾燥機フル稼働中)

そんな中、レストアが完成したのがこちら。


例の1000円でウチに来た、古い Fender Japan ST314-55 (1985年頃製)です。
とにかく最初は臭かったヤツです。
後でボディ材の「バスウッド」の匂いだと判明しましたが、ヤニ臭もありました。ピックガード開けたら変な汁出てきたし。

また、END ROX という奇妙なロックシステムを搭載していたり、22F仕様ミディアムスケール?だったりと色々異端児です。
最初にトレモロ・ユニットを分解しようとして、謎の六角ネジに面食らいました....
しかも前オーナーも END ROX を理解していなかったようですw
http://www.scn-net.ne.jp/~pors723k/stm.html
ただ、トレモロ・ユニットのサドルが腐食により?傷んでしまっているので、このままだと弦切れ多発すると思います。
せっかくレストアしたので、ペグを GOTOH のロック式、トレモロ・ユニットも FENDER 刻印を捨てて GOTOH にするか、Fender 純正にするか.....
ボディ加工するのは面倒なので取り付け穴ピッチを調べてから調達することにします。

このあたりは元々 Fender って会社が年代によってストラトキャスターの仕様を変えたのに準じてコピーモデルもXX年仕様(の粗悪コピー版)とか、オリジナル部品組み込みとかあって、仕様の違いが多岐に渡ります。
あ~、ややこしい。
Fender Japan はそういったコピー品に驚異を感じたFender社が日本メーカーに出資させて、自らの監修によってコピー品を作らせていたようです。

1台の1000円ギターから色々学べて楽しかったです~

ところで「ラリー」って単語入れないとラリノサウラに掲載されない?
投稿者が Foresight Software Rally Team から「そこら辺のおっさん」に変わっているのにはちょっとクスッときました。

2020年7月9日木曜日

朝の5時半からすごい勢いで

こんばんは。
そこら辺のおっさんです。

8日の朝は5時半頃からすごい勢いで携帯の警報音が鳴り続けました。
あの音は非常に癇に障るし、一発で目覚めます。

とても良い機能だと思います。
けどね.....

ウチとは直接に関係のないエリアでの警報を市のくくりで発報しないでほしいのです。
そういうシステムにするから不感症となって、肝心なときに役に立たなくなる....


これはメールの方です。
これだと命の危険があるときには気づかない可能性大ですしねぇ。

2020年7月8日水曜日

今日は水曜日ということで

こんにちは。
そこら辺のおっさんです。

特にラリーの準備をするでもなく(たいていの車屋さんは水曜日が定休日みたい)、仕事に邁進しております。

で、これ。

月2回くらい同じ画面を見ている気がします。
うん、きっと気のせいだ。

2020年7月7日火曜日

ラリーの準備

こんばんは。
そこら辺のおっさんです。

各地で大雨となっておりますので皆様ご注意くださいませ。

さて、今日ラリーの準備を本格的に始める予定にしていたのですが、朝からの雨とともに色んな予定が崩れ去っていきました。
う~む、準備そのものは天候には左右されないのですが、その前段階である洗濯とか諸々の事柄がうまく進まず....

そんな中、スーパーで茄子を買って今夜のおかずにしようとしたら、これ。



とあるロシア人女性の投稿とは何の関係もありません。

2020年7月4日土曜日

巣篭もり中の成果物

こんにちは。
そこら辺のおっさんです。

今回は緊急事態宣言や自粛自粛の間の成果物を紹介します。
ラリーも延期でしたし、コソ練に行くのすら憚られてましたので.....

before

after

ひょんなことから1000円でウチに来た古~い fender japan のストラトです。
こいつをバラバラにして再生していました。
ネックとボディにスタンプでマーキングさていて、ST314-55(1985年頃製造)と確定しました。
まだサドルにイモネジが付いていませんが、これは before 時にバラそうとしたらイモネジが一つ崩壊したので、現在注文~到着待ちです。

他にも分解中に色々と崩壊しましたが、ピカピカに磨き上げて現在はほぼ組み上がっています。(あとはネックとボディの接合くらい)
一番めんどくさかったのは内部配線の崩壊、スイッチの崩壊でした。
もうハンダ付け、スイッチ交換しか方法がなく、ついでに線材もエエのに変えたれ!と購入価格の4倍くらいのコストと概ね2ヶ月という期間を要しました。

どうみても異臭を放つガラクタだったのですが、再生工程中は「このギターを買った人はどんな人だったんだろうな~」とか「なんで弾かなくなったのかな~」とか色々と思いを巡らせておりました。

でもよく考えると楽器としての最終調整とかは自分ではできないし、中高生の頃は弾いていたけど、今は全く弾けません。
「美品!」とか言って売り飛ばせるビンテージものでもありませんし、さてどうしましょうかねえ.....
とりあえず近くの工房へ出して調整してもらいましょうか....